残像は鮮やかなほどに

頭の中ってこんなもん

Hey!Say!JUMPと私の関係を語りたい10年選手

 

Hey!Say!JUMPさんーーー!10周年おめでとうございます!!\(^o^)/

いやー10周年ってはやいね!

今やドームツアーも発表されてますます躍進する彼らは、今年平均年齢25.3歳。

デビュー当時中学生だった私は大学生。そりゃ年も取るし10周年にもなるわ!!!

 

探偵学園Qの天草流様にハマった私は、それ以来ずーっと山田担で立派な10年選手なわけだけど、なにしろ自分がクズなことによる障害と親の障害と勉強の障害とでJUMP担としてのアラはめちゃめちゃ多い10年選手です。

Hey!Say!JUMPにも山田涼介にもいろいろあったけど、私にもいろいろあった10年だったなーと思って。でもそんな私の人間価値をひっぱりあげてくれたのはいつもJUMPだから。ここに長々と書き留めます。

 

先に言っときますが、私は誰かに尻を叩いてもらわないとすべてにおいて頑張れない性格で、診断テストをすれば「このタイプが会社の面接を受けに来たら迷わず落としましょう」と出たクズ人間です。

 

だから今大学生やれてるの本当に奇跡だなって思うんですけど、なんといってもそれはHey!Say!JUMPがいてくれたおかげ!

中1・2の時、Hey!Say!JUMPが大好きだった私はド田舎に住んで茶の間ライフを送ってました。デビューしてJUMPの格好よさとアイドル加減にほれ込んで。今見返すといろいろ笑えるPVも当時の私はちょろかった!キャーかっこいい!って本気で思ってた。

JUMPファンのグログを読み漁り、JUMPがシングルを出せば泣いて喜び、ドリカム・冒険ライダー・ユアシド・シャドボにわいてた。

中2の夏に今でも一緒にコンサートに入るぐらい長い付き合いになる相方に体育の授業中に出会い、冬のコンサート(TV魂)に参戦すること決意。

決意したはいいが、ジャニーズというよくわからない世界に飛び込もうとしてる娘に親が反発。なんとか説得して期末テストで良い成績をとれたらコンサートに行っていいよという条件付きでOKをもらいました。

 

若き頃の尻を叩かれた自分は強かった。コンサート初参戦がかかった期末テスト。私は学年順位50位あげました!!!天才!!笑 上機嫌!!うちのママとパパ!!!

 

見事TV魂に参戦しこれで茶の間卒業!ビバ私のジャニヲタライフ!とうかれた私とHey!Say!JUMPをエサにすれば娘が頑張ると気付いた親の戦いがここから始まります笑(今も続いてる)

ありがたいことに中学生の頃、Hey!Say!JUMPは絶賛会いにいけるアイドル中で春夏秋冬コンサートやってた。一個のツアーを逃してもすぐ次のツアーが始まって、シングルは出ないけど現場が多くある毎日。ひったすらレポあさって読んで、前のシングルの時の出演番組死ぬほど見てってやってた私は、成績に伸び悩んだりで入れたツアーもあるけど、いろんなツアーを逃してます。(今でも悔やんでる)

そして悲しいかな中3の時に天国魂が来てしまい、みすみす天国魂に入るのを逃した。レポみてて本当に悔しかった。自分が生まれた年間違えたってマジで思った。

たとえ春夏秋冬現場してて、セトリがくそでも、内容がくそでも、一つも入らなくていいツアーなんてないって本当に思う!!

 

「JUMPのコンサート行きたい!!じゃないと勉強頑張れない!好きにさせて!」

「高校生になったらいくらでも行けばいい!!自分が何を今すべきかちゃんんと考えなさい!!遊ぶのは早い!!」

っていう会話をツアー発表がある度に永遠としてたし、ツアー発表がある度にまた親と喧嘩しなきゃいけないと鬱々としたし、ツアー発表される度に勉強頑張らなきゃ、とりあえず高校生にならなきゃって思った。

 

そんな感じでHey!Say!JUMPが大好きなためにコンサートにいくために勉強頑張った結果、学年最高順位3位内申点家庭科以外オール5で県内でもトップ5くらいの高校に進学!!

ありがとうーーー!Hey!Say!JUMP!!!!!!!私の人間的価値がまたJUMPのおかげであがった瞬間!

意気揚々で参戦したTEN魂は超楽しかったのを今でも覚えてる。相方との初双子(こっから双子参戦が恒例化)、初相方とだけの遠征。まともなうちわづくり。高校生これこれーー!!!自分ジャニヲタしてるー!て超楽しかった。

 

あとはシングル!って思ってたけど、Hey!Say!JUMPさん丁度低迷期な高1。

丁度NYCが結成された時期で、JUMPのコンサートに優馬がいるのが当たり前な時期だったから、せっかく高校生になっても応援できるのはNYCとしての山田涼介で結構複雑だったな~。JUMP担もざわざわしてたし若干優馬嫌いなJUMP担も多かった。

少クラにお世話になりだしたのもこの時期で、低迷してるわ他G担からの批判も凄いわで、結構JUMPとしてもファンとしても肩身狭かった時期だったと思う。

そんな低迷期なHey!Say!JUMPがシングルだしてくれました!!

ありがとう~世界のどこにいても~

ありせかさんには申し訳ないけど、まじで初めて聞いた時に「Hey!Say!JUMP終わった・・・。」って思いました。高校の休み時間に聞いて絶望して顔を下に向けたから校舎の床の景色を今でも覚えてるwPVからもメンバーの不安感現れ出てるよね?

でも丁度JUMPがダンスを意識し始めたのもこのシングルくらいからで。ありせかのダンスは当時本当にびっくりするぐらい格好良くて、衣装のダサさなんて気にならないくらいダンス格好良かった。

でも低迷してることには変わりなくて、初日8.5万枚とか山田さんの主演ドラマの視聴率8.8とかこの時期8っていう数字よく見たきがする。

 

高校入るともちろん私の成績は下がるわけで、勉強嫌いすぎて完全にHey!Say!JUMPへの好きよりも勉強嫌いのほうが強くて、成績ガン下がり、クズ人間に逆戻り!

ただの勉強しないHey!Say!JUMPファンのJKでした。

まぁ山田さんも高校生活のびのびと過ごしたらしいけど、私も頑張るゆとゆりをえらいえらい!と思いつつ、のびのびとした高校生活を送ってましたね。

 

そんな中高2の春休みに3.11がおこって、いろんなイベントが開催されて。

少クラで踊ってくれた愛ingは嬉しかったなー!アイドルの力って、Hey!Say!JUMPってすごいな!って思った瞬間だった。

勇気魂も長野公演から始まってコンサートの中のダンスをだんだん10人での揃ったダンスを意識するようになって、ヤンヤンJUMPも始まってOVER発売が決まってって、結構JUMP担として楽しかったこの時期。

JUMPのグループの結束もまとまってきたように思えたし、MステでOVER披露したときはダンス揃いすぎてて違うグループだと思ったし、みんなビジュアルもよくて衣装も恵まれてって、Hey!Say!JUMPこれからくるぞ!!ってすごい思った時期だった。

 

けどね、まぁそううまくはいかないもんですよね~。正直なんでこんなグループ好きになっちゃったんだろうって思ったよ。

本当に悔しかったし、許せなかったし今でも許してない部分はある。でも戻ってきてほしくて、署名活動必死に参加して帰りまって。そんな中行われたSUMMARY行けてないけど(成績のせいでね)、レポ読んでるだけでも悲惨だった。でもその反面SUMMARYで絆強めてる9人をみてこのままでいいのかなって思ったりもして。

ダンスという武器と、バンドという武器を手に入れてSUMMARYを乗り越えたJUMPは本当に強かったよ。そんなJUMPを一生見守っていたいと強く願ったりもして。

 

ジャニワやるって決まった時には、もう諦めた。もう戻ってこれないよって、結束も実力も何もかもが今の9人とは違いすぎる、って。なによりジャニワを経験したHey!Say!JUMPの絆の深まりようは凄かった。まぁジャニワ入ってないけど!!!

 

「ジャニワいかせて!!!中学生の時高校生になったら行っていいって言ってたじゃん!」

「こんな成績で何言ってんの!!大学生になったらいくらでもいきなさい!!!!」

変わらない会話。変わらない親と私。(だいたい親は高校は入れたの私の実力だとおもってるけど、違うからな!?JUMPのおかげだからな?JUMPのアイドル力の実力だからな!?)

 

そのまま大学受験を迎えた私は、現場から完全に離れます。レッツ茶の間ライフ再び。

高3になったらコンサートにいけないとわかっていた私の勉強へのモチベが上がるはずもなく、JUMPさんもスパデリからシングル全然ださなくて、しんどかった!!!高3!丁度山田さんがミスヴァだした時期でもあって、精神的にも体力的にも死にそうな自担を見てるのがつらくて辛くて、私もHey!Say!JUMP全員が好きだからちょっと逃げてた部分もある。多分この時期に相方が一回ヲタ卒したから余計に・・・。

でクズ人間な私はキンキ兄さんにこの頃ガッツリはまり、堂本兄弟だのLOVELOVEだのしんどいだのアルバムだのあさりにあさりまくってた。大学受験真っ最中にハマり、親も娘の尻を叩くことに飽きたのか放置されてたためフワフワとした受験勉強をしてしまい、みすみす現役を逃しますw(はいクズ)

 

仕方なく浪人したんですけど、まじで浪人するんじゃなかった!!!2012年がっつり暇だったJUMP担な私に言ってあげたい!!!!!

「大学を選ぶな、学部を選ぶな、偏差値で選ぶな。行けるところに行け!!浪人すると語りつがれる矢印魂とLWM魂を逃すぞ!!なんなら大学入学でバッタバタしてる間にsmart魂まで逃して、やまゆと信者として果てしない後悔をすることになるぞ!!」

と。

 

はぁ。しかも予備校は寮に入りました。いいですか今これから大学受験を控えているジャニヲタの皆さん。予備校の寮はまじでヲタク向きではありません!!!!寮の特性にもよると思うけど、私が入った寮は「スマホ禁止(持ち込み禁止)・テレビは決まった時間のみ・パソコンは寮全体で2台・朝7:30起床・門限は20:00・外泊は親の許可・申請が必要」

そんなヲタク不向きな浪人生活。カモナは3種類買いました。買ったはいいけど聞く方法がなく、DVDも見れることなく、RWMを聞くために人生初のCD専用のオーディオプレイヤーを買いました。どうやってたかは忘れたけど、スク革と堂本兄弟は見てた。レポも相変わらず追ってた。信夫君は逃した。

 

レポを読んだり、パソコンからJUMPの派閥移動を知ったり、やばい早く大学生にならないと、JUMPが遠のいてしまう!!と思った私は初めて自分自身で自分の尻を叩いて(Hey!Say!JUMPで叩いて)大学受験に成功。

めちゃくちゃ楽しかった!大学1年生。親の目から離れて自分の好きなこと、自分のすきな髪型、自分専用のテレビ、自分専用のHDD、気の合う友達、部活。

浪人生活1年をえて、あまりにもヲタク活動から離れてしまっていたため、ヲタクのやり方忘れたんでしょうね。JUMPのことは追ってるけど現場に行く気がさらさらなく、smartのアルバムを買って満足してしまいますw(一生の不覚!!!!まじで後悔してる)

 

そんな大学1年生を過ごし、大学2年生。やっとヲタク活動を思い出してきた私は車魂に応募。数年前(勇気魂)の感覚で1公演に応募し見事にハズレすんなり諦めます。

世間ではすでにJUMPさんブイブイ言わせてましたね!!この頃!明らかにJUMPに対するモチベーションも勉強に対するモチベーションもなかった大学2年生。(それでもある程度JUMPを追ってる自分がおかしい)

2015年(2年生)夏にまたクズ人間を発揮した私は、人生最大に落ち込みます。この時ばかりは自分の勉強嫌いとか、JUMPをエサに人間価値をあげてきたばかりにこんなことになってしまったとか、なんでこんな大学来てしまったんだろうとか、自分のクズ人間加減に本当に落ち込みました。圧倒的に自分が100悪いから周りに味方もいないし。

で、人生最大究極に落ち込んだヲタクがなにをしたかというと、さすが長年JUMPのヲタクしてきただけあって当たり前のようにHey!Say!JUMPに助けを求めましたね。

 

ここで私の人生最大の落ち込みを救ってくれた曲を紹介します。

Chau#

です。現場から離れてた3年間たしかにしっかりJUMPを追ってたわけじゃないけど、それでもシングルもアルバムも買ってたしレポも見てたし、露出も確認してたし把握はしてるつもりだった。それでもHey!Say!JUMPがあまりにも現場を離れる前のJUMPと違いすぎて、別のグループを見てるみたいだった。

とにかく9人全員が輝いてたし、格好よかったし、売れてる!!!!て思ったし、落ち込んだ心を紫の衣装とアマフワJUMPの世界感で優しく包み込んでくれて、なんか新たにHey!Say!JUMPに落ちた瞬間だった。Chau#出の新規と一緒かもしれない。ていうかChau#出の新規になりたかった。精神崩壊しなかったのはJUMPのおかげだと思うし、あんなに落ち込んでたのにHey!Say!JUMPかっこいい!!かわいい!!最高!!って立ち直ってる自分が可笑しくて、この先Hey!Say!JUMPがついてる私最強だわ!!って気付いた瞬間だった。

 

そこからの私はまー早かったですよ。あんなに無気力だったのに急に勉強やるようになって、来年のツアーのためにJUMPから離れてた相方に召集かけて(相方もちょろかった)、来年のツアーためにバイト探してって。Hey!Say!JUMPありがとう!!!私の人間価値がまたあがったよーーーーー!!!JUMPがいなかったらどうなってたんだろうって考えるとゾッする。

 

車魂カウントダウンに無事入ることができて、パフォーマンスの成長具合とかコンサートへのお金のかけ方とか、なによりファンの多さ、人気度、すべてにびっくりしたし、なにが一番びっくりしたかってHey!Say!JUMPのファン層が勇気魂の時よりも低くなってることにびっくりした。

 

中学の時も、高校受験の時も、高校生活も、大学受験も、そして今現在大学生活でも常に私の人生にはHey!Say!JUMPがいたし、これからもいるだろうし、人間価値をあげてくれて人生を引っ張り上げてくれるのはいつもJUMPだから。頭が本当に上がりませんし、無事10周年をお祝いできることをうれしく思います。

成人男性9人が仲がいいって凄いことだし、凄い楽しいことだと思う。こんなにアイドルアイドルしてるグループ他にないし、こんなに振り幅が大きいグループもないと思う。あとHey!Say!JUMPはまじで世界平和だと思う。

どんどん飛躍していくあなた達をもっと押し上げれるように、支えていけるように、一緒に新し世界を見られるように、私生活も日々精進したい。

 

10年前Hey! Say! JUMPのファンになった自分にありがとうって感謝したいし、高2の頃の自分には今や大人気な彼らがいるよって、自分がJUMPのファンであることを隠してないよって、10周年超幸せだから、幸せで楽しい未来が待ってるよって言ってあげたい。

 

本当にHey! Say! JUMPありがとう。

 

これがクズな10年選手とアイドルHey!Say!JUMPの10年の軌跡。これからもよろしくね!

 

 

P.S. これから大学受験を控えているまたは、大学選びに悩んでいるジャニヲタJK・JCへ。大学に入って華々しいジャニヲタ活動をしたいと思っているなら、理系6年制の学部は国公立・私立関係なくオススメしません!!!!ジャニヲタと勉学の両立は不可能だと思ってください。(よっぽど自分の記憶力に自信がある方は別ですが)

おとなしく別の学部を選びましょう。